Process Mining

マイインヴィニオ

myInvenio

機 能

業務プロセス可視化

基幹系・情報系システムから取得したログ及びシステムデータを元に、業務プロセスのフロー図が生成されます。現行業務のプロセスとパターン可視化はプロセスマイニングにおいて最初に使用される機能です。プロセスは「頻度(プロセスの回数)」と「数値(プロセス間のリードタイム・各プロセスの処理時間の平均・最大・最小・中央値)」との2つの観点で可視化されます。

業務プロセス可視化
標準プロセス準拠チェック

標準プロセス準拠チェック(適合性検査)

予め定義された標準プロセス(to-be)と、ログファイルから取得した現状のプロセス(as-is)を比較、乖離部分の可視化及び乖離率をデータとして算出します。想定外の業務プロセス・再処理の回数・想定外の人物による業務履歴を可視化することで、コンプライアンス準拠レベルや社内業務標準化の浸透状況の把握が可能になります。

分析ダッシュボード

ログから計算されたプロセスパフォーマンスのサマリーを表示します。全体プロセスにおけるボトルネックの把握により、業務改善案の立案・社内リソースの最適化を図ります。

例:「何回も手直しが発生する」傾向にある社内業務
「対応が遅れがち」な社内部署や担当者
「煩雑な支払処理が発生している」サプライヤー

分析ダッシュボード
KPI設定

KPI設定

各業務で定義したKPI(Key Performance Indicator)をパラメーターとして設定することで、実データから算出される目標達成率と部門及び個人のパフォーマンスが容易に可視化できます。

プロセスアニメーション

プロセスの流れをアニメーションで把握することができます。マップ上トークン(赤丸)で表示されるプロセスがリードタイムに応じた速度でフロー上を移動します。トークンが滞留するボトルネックやトークンの流入が集中するクリティカルパスを視覚的に把握することが可能です。

プロセスアニメーション
人物相関図

人物相関図

プロセスにおける業務遂行者を切り口とした分析を行います。業務が集中している個人・部門の把握だけでなく、「誰(どの部門)と誰(どの部門)が作業を共同で行っている」や「誰(どの部門)と誰(どの部門)が近しい業務を行っている」の相関図を用いる事で業務遂行者の関係性を視覚化することも可能です。

データ統合

既存のデータベース(SQL Server, Oracle, SAP, Infor等)・BI(Qlik, PowerBI等)とmyInvenioの統合を実現するプラグインを利用することで既存データとのシームレスなマイニングも可能になります。

ビジネスプロセス分析

ビジネスプロセス分析

BPMN(Business Process Model and Notation -ビジネスプロセスモデリング表記-(BPMN 2.0準拠))を使用した標準プロセスを定義することも可能です。

全てはmyInvenioによるプロセス分析から始まります

現行業務の可視化を通じて業務プロセス全体を俯瞰することから始まります。次に、ビジネス上の課題となるプロセス上の問題箇所の絞り込みに加えて、本来であれば起こらない問題プロセスを誘引する例外的要因の分析を行います。

    課題例:
  • 平均よりパフォーマンスが良く受注処理が行われる処理パターンは?
  • 特定のサプライヤーからの仕入れが集中しているのはなぜ?
  • なぜ特定の品物のみが納品されるまでに著しく時間が掛かるか?
プロセスインテリジェンス

プロセスインテリジェンス

課題解決のアプローチとして、多面的なデータ分析結果を総合的に表示するインテリジェンスレポートの作成を行います。レポートからは属性毎のデータドリルダウン・区分化されたデータの多面的な分析・多面的なデータを集積した分析が可能です。また、データ分析を行うそれぞれの担当者の観点に応じたカスタマイズレポートを作成することも可能です。

プロセスパターン比較

業務開始から終了までに行われる業務パターン数の算出を行います。最も頻度の高い業務パターンやリードタイムが短い効率の良いパターン(Happy Path)を標準的プロセスのベースとして定義、想定外処理や冗長処理が発生する「標準から外れる」パターンと比較、非効率処理に要した時間やコストを算出します。

プロセスパターン比較
ダッシュボード

ダッシュボード

ダッシュボード方式によるレポートのカスタマイズを行います。各ユーザが独自にレポートをカスタマイズすることで、複数の業務担当者が同時に異なる観点から分析を行う事が可能です。多様なレポートフォーマットがコンポーネントとして用意されており、ある仮説検証に特化する少数のレポートからの構成や、多面的な観点から分析を行うための複数のレポートの構成がユーザ独自に行えます。ブラウザ上でレポートコンポーネントをドラッグ・ドロップでき、容易なカスタマイズが可能です。

カスタムレポート

ユーザ独自の条件を加味させたレポートの作成を行います。Excel関数に似た簡易な関数を用いて複数の属性データを重ね合わせて比較表示する等の独自視点でのカスタマイズが可能になります。

カスタムレポート
個別プロセスパスと予測

個別プロセスパスと予測

特定の処理(ケース)の詳細を分析するために単体のプロセスパスを表示する事が可能です。また「未完結」と判断された処理は今後発生しうるプロセスフローをシミュレーション、予測されるパスを表示させる事も可能です。

新機能

  • カスタマイズが可能な分析ダッシュボード
  • 使用頻度の高いグラフ(円グラフ/縦・横線グラフ/バブルチャート等)
  • リアルタイム高速フィルタリング
  • プロセスデータ表示クエリのカスタマイズ
  • バリアント(パターン)フィルタリング
  • 頻度/時間/コスト/KPIを用いたグラフィカルなバリアント(パターン)同士の比較
  • プロセス相関図
  • 個別プロセスパスの表示と未処理部分のプロセスパスシュミレーション
ページのトップへ戻る