マイインヴェニオ

主な機能

業務プロセス可視化

基幹系・情報系システムから取得したログ及びシステムデータを元に、業務プロセスのフロー図が生成されます。現行業務のプロセスとパターン可視化はプロセスマイニングにおいて最初に使用される機能です。プロセスは「頻度(プロセスの回数)」と「数値(プロセス間のリードタイム・各プロセスの処理時間の平均・最大・最小・中央値)」との2つの観点で可視化されます。

標準プロセス準拠チェック(適合性検査)

予め定義された標準プロセス(to-be)と、ログファイルから取得した現状のプロセス(as-is)を比較、乖離部分の可視化及び乖離率をデータとして算出します。想定外の業務プロセス・再処理の回数・想定外の人物による業務履歴を可視化することで、コンプライアンス準拠レベルや社内業務標準化の浸透状況の把握が可能になります。

分析ダッシュボード

ログから計算されたプロセスパフォーマンスのサマリーを表示します。全体プロセスにおけるボトルネックの把握により、業務改善案の立案・社内リソースの最適化を図ります。

例:「何回も手直しが発生する」傾向にある社内業務
「対応が遅れがち」な社内部署や担当者
「煩雑な支払処理が発生している」サプライヤー

KPI設定

各業務で定義したKPI(Key Performance Indicator)をパラメーターとして設定することで、実データから算出される目標達成率と部門及び個人のパフォーマンスが容易に可視化できます。

プロセスアニメーション

プロセスの流れをアニメーションで把握することができます。マップ上トークン(赤丸)で表示されるプロセスがリードタイムに応じた速度でフロー上を移動します。トークンが滞留するボトルネックやトークンの流入が集中するクリティカルパスを視覚的に把握することが可能です。

人物相関図

プロセスにおける業務遂行者を切り口とした分析を行います。業務が集中している個人・部門の把握だけでなく、「誰(どの部門)と誰(どの部門)が作業を共同で行っている」や「誰(どの部門)と誰(どの部門)が近しい業務を行っている」の相関図を用いる事で業務遂行者の関係性を視覚化することも可能です。

データ統合

既存のデータベース(SQL Server, Oracle, SAP, Infor等)・BI(Qlik, PowerBI等)とmyInvenioの統合を実現するプラグインを利用することで既存データとのシームレスなマイニングも可能になります。

ビジネスプロセス分析

BPMN(Business Process Model and Notation -ビジネスプロセスモデリング表記-(BPMN 2.0準拠))を使用した標準プロセスを定義することも可能です。

プロセスパターン比較

業務開始から終了までに行われる業務パターン数の算出を行います。最も頻度の高い業務パターンやリードタイムが短い効率の良いパターン(Happy Path)を標準的プロセスのベースとして定義、想定外処理や冗長処理が発生する「標準から外れる」パターンと比較、非効率処理に要した時間やコストを算出します。

プロセスインテリジェンス

課題解決のアプローチとして、多面的なデータ分析結果を総合的に表示するインテリジェンスレポートの作成を行います。レポートからは属性毎のデータドリルダウン・区分化されたデータの多面的な分析・多面的なデータを集積した分析が可能です。また、データ分析を行うそれぞれの担当者の観点に応じたカスタマイズレポートを作成することも可能です。

カスタムレポート

ユーザ独自の条件を加味させたレポートの作成を行います。Excel関数に似た簡易な関数を用いて複数の属性データを重ね合わせて比較表示する等の独自視点でのカスタマイズが可能になります。

個別プロセスパスと予測

特定の処理(ケース)の詳細を分析するために単体のプロセスパスを表示する事が可能です。また「未完結」と判断された処理は今後発生しうるプロセスフローをシミュレーション、予測されるパスを表示させる事も可能です。

オートメーション機能

myInvenioは、分析の質とレベルを向上させることを目的としています。
RPAの導入により、企業は最適な戦略を見つけて、最高のコスト削減と最適な自動化のレベルに到達する事が可能です。

新しいRPA候補機能の導入

myInvenioの新しいRPA 候補機能を使用すると、目標とするアクティビティの自動化レベルを設定し、最大の効果のある複雑なRPAロボット作成を選択することが可能です。

言い換えれば、ロボットが管理することが期待されるバリアントのしきい値を選択することができます。

RPA 候補機能は、タスクマイニングから得られた検証結果に基づいて、自動化レベルとロボットの複雑さレベルに基づいて、どのアクティビティが自動化の最適な候補であるかを表示します。

この機能は、ダッシュボードタブで確認できます。

自動化における柔軟性の向上

RPA候補のアクティビティ分析に、含めるアクティビティ、除外するアクティビティを選択します。

myInvenioは、アクティビティを追加または削除するたびに、プロセス自動化レベルと予想されるコスト削減額を自動的に再計算します。

ギャップ分析

ギャップ分析ボタンをクリックすると、シミュレーションしたプロセスと現在のプロセスの両方の結果を即座に確認することができ、As-IsプロセスとTo-Beプロセスを簡単に比較することができます。

また、BPAの「RPA候補」機能から直接プロセスシミュレーションを実行することも可能で、プロセスの差分をすぐに確認することができます。

さらに、プロセス差分は可視化を強化するためにアップグレードされています。

シミュレーション機能

As-Isプロセスモデルのwhat-if分析を実行すると、以下のことがわかります。

  • お客様のTo-Beプロセスのリアルなシミュレーションシナリオをご覧いただけます。
  • 信頼性の高いROI予測により、将来のプロセスパフォーマンスを予測します。

シミュレーション環境を改善し、To-Beプロセスの影響をよりよく理解できるようになりました。

改善されたFTEの計算機能

FTEの計算は、プロセス全体の期間ではなく、各特定の活動の期間を考慮するように改良されています。
これにより、アクティビティを完了させるために1日に費やす必要のあるフルタイムのリソースの数を把握することができます。

WHAT-IFシナリオのための文脈データ

実際のプロセスのコンテクストデータをシミュレーションに追加することができます。

生成されたビジネスデータは、実際のプロセスの分布を反映し、基礎となる相関関係が発見され、シミュレーションで再現されるため、what-ifシナリオを作成する際に、より深い分析が可能になります。

ウィジェット

このウィジェットは2つの異なるリソース分布を表示します。最初の分布は活動に従事しているすべてのリソースの1日の総労力(サービス時間)を表示します。2つ目の分布は、1日に担当したアクティビティの総数を表示します。また、特定のリソースに焦点を当てて、そのリソースの一日の労力と担当したアクティビティの数を見ることもできます。

パスタイムヒストグラムウィジェット

このウィジェットは、2つのアクティビティ間のパス時間の分布(特定の時間間隔に該当するイベントケースの数)を表示します。ウィジェットは、より広い、またはより詳細な分析のために設定することができます。

アクティビティモニターウィジェット

myInvenioのダッシュボードには、簡単かつ直感的に高度なデータを可視化するためのウィジェットが搭載されています。
新たに2つの標準ウィジェットを追加し、既存のウィジェットを改良することで、プロセスをより深く理解し、ウィジェットのパーソナライズのオプションを増やすことができます。

アクティビティ・リワークス・ウィジェット

指標

プロセス・パフォーマンスに関する有意義な情報を得るためにデータを可視化する方法は1つだけではありません。

中央値指標

両方に中央値のメトリックを追加したので、プロセスパフォーマンスの中央値の統計を見ることができます。

フィルター

プロセスデータをフィルタリングし、限られたケースのサブセットを使用して、ユーザーに別のケースを提供可能にしました

外れ値のフィルター

イベントログはプロセスの発見と分析のための正確なデータのソースですが、それらは また、異常値とされる活動の異常など、無関係なデータも含まれていることが多いのも事実です。そんな場合はプロセス分析の結果を歪めてしまいます。

myInvenioの新しいフィルタリング・テクニックは、サービス時間、待ち時間、データの外れ値を検出し、分析することができます。時間、リードタイムを指定することができます。また、データセットからそれらを削除することもできます。均一なパフォーマンス分析を行います。

フィルターを設定して、非常に短い時間、高い時間、またはその両方のアクティビティケースをキャプチャし、データセットに適用するフィルタリングの強度を決定して、分析からより広いまたはより明確な結果を取得します。

ユーザー管理機能

ユーザー管理コンソールは、プロジェクトや組織をユーザーに割り当てる機能です。

私たちは仕事に適したチームを持つことが どれほど重要かを知っています そのため、管理者がユーザーを管理し、適切な組織を適切な人に割り当てることが簡単にできるようになりました。

新しい機能により、管理者は所有者とのロックインを回避し、引き継ぎと役割の変更を行うことができるため、組織にとってより柔軟な管理モデルが可能になります。

組織管理機能

管理者は、組織からユーザーを追加・削除し、組織を別のユーザーに再割り当てできるようになりました。
組織管理機能は、企業の次の機能を提供します。

  • 組織を所有するユーザーが利用できなくなったときにマスタープロジェクトを回復する機能
  • 所有者が利用できなくなったとき、または必要な時間内に新しいユーザーを追加できなくなったときに、新しいユーザーを組織に追加する機能
  • 所有者が利用できなくなった場合、または必要な時間内に実行できない場合に、組織からユーザーを削除する機能

プロジェクトとコンポーネントの再割り当て

管理者は、プロジェクトとそのBPAコンポーネントの所有権を現在のユーザーから新しいユーザーに移すことができるようになりました。

ユーザーのコピー機能

新しいユーザーアカウントを作成する際に、管理者は既存のユーザーの権限をコピーして新しいユーザーに適用することで、より迅速かつ安全にユーザーアカウントを作成することができるようになりました。

ユーザーの削除機能

管理者は、所有するプロジェクトとそのBPAコンポーネントを再割り当てしたり削除したりできるようになりました。再割り当てされたプロジェクトを受け取ったユーザーは、以前の権限を持っていなくても、自動的に組織に含まれます。削除したユーザーから組織を受け取ったユーザーは、自動的にその組織の新しい所有者として昇格します。

全てはHeartcore myInvenioによるプロセス分析から始まります

現行業務の可視化を通じて業務プロセス全体を俯瞰することから始まります。次に、ビジネス上の課題となるプロセス上の問題箇所の絞り込みに加えて、本来であれば起こらない問題プロセスを誘引する例外的要因の分析を行います。

    課題例:
  • 平均よりパフォーマンスが良く受注処理が行われる処理パターンは?
  • 特定のサプライヤーからの仕入れが集中しているのはなぜ?
  • なぜ特定の品物のみが納品されるまでに著しく時間が掛かるか?