Process Mining

マイインヴェニオ

myInvenio

導入事例

新システムリリース後のリスクを回避し、大幅な業務費用の削減を達成

大手自動車メーカーA社

状況

状況

大手自動車メーカーA社では、15年利用してきたERPシステムを刷新するに当たって、現状の業務プロセスを可視化し、業務プロセスを改善することに取り組みました。

現状の業務プロセスには、時代遅れのものや、明文化されておらず、現場で慣習的に行われている非効率なプロセス、標準の手順に沿っていないプロセスが含まれていることがわかっており、業務プロセスをまず見直すことにより、新システム移行後の問題発生、リスクを低減することが求められていたのです。

ソリューション

myInvenioによるプロセスマイニングの結果、A社では、工場での検査プロセスにおける問題を発見しました。会社が定めた標準プロセスでは、自動車を診断機器に接続して検査を行ったのち、さらに追加検査を行う手順となっていました。

ところが、実際には、総検査件数のうち15%は追加検査が行われていないことが判明しました。これは、コンプライアンス上のリスクにつながる可能性のある逸脱プロセスです。

myInvenioでは、予め定められている標準プロセスと、イベントログデータから可視化された実際のプロセスとの比較分析(適合性検査)を行うことが可能です。A社の場合、比較分析を通じて検査プロセス7500件のうち2500件に、前述したような逸脱プロセスが見つかりました。

こうして、myInvenioによる現状業務プロセスの可視化や、標準プロセスとの比較分析により、新ERPシステムのリリース後、上記のような業務プロセス上の問題の発生を未然に防ぐことができました。

ソリューション

成果

myInvenioによるプロセスマイニングがA社にもたらした成果は以下のつです。

  • 業務プロセスの可視化のための費用を30%削減(従来の業務分析手法と比較して)
  • 品質管理の向上
  • 新システムリリース後のリスクを回避し、大幅な業務費用の削減を達成
ページのトップへ戻る