コントローリオ CONTROLIO(コントローリオ)

FAQ

ーこんな時はどうしたらよいの?ー

目次

  1. 1. 利用環境について
  2. 2. ライセンス・製品について
  3. 3. 機能について

1. 利用環境について

  • セキュリティ面について、安全性が担保される認証資格などはありますか?

    クラウドベースでAWS上に構築されています。通信ポートは443で、AES128ビットの暗号を使い暗号化したデータのやり取りを行います。
  • オンプレで導入する場合、必要なサーバスペックはどのようになりますか?

    CPU: 2コア以上(4コアを推奨)
    メモリ:2GB以上(4GB以上を推奨)
    HDD:500GB以上(取得する情報により変わりますが、1TB以上を推奨)
    アプリケーション:Dockerが動作する環境
    AWS:EC2とS3
  • 「スナップショット」といった画像の取得は、対象者が多い場合は負荷などの懸念点はありますか?

    弊社SaaSモデルではシステム上の負荷はございませんが、貴社サーバ(プライべート構築:AWS)の場合はS3のご契約が必要になります。
  • クラウドで導入する場合、必要なサーバスペックはどのようになりますか?

    AWS前提
    1) EC2
    OS:Amazon Linux 2 AMI (64bit -x86)
    HDD: 500GB以上 (1TB推奨)
    アプリケーション: Dockerが動作する環境
    2) S3(スナップショット格納用)
    3) IAM (S3連携)

    EC2のスペックはクライアント同時接続台数に準拠
    例:同時接続50台の場合:Linux t2.medium

目次に戻る

2. ライセンス・製品について

目次に戻る

3. 機能について

  • Controlioで取得可能な情報は具体的にどのようなものでしょうか?

    アプリケーション名、ファイル名、Windowタイトル名、キーストローク、時間など、PC上で行う全ての業務を1操作単位で記録することが可能です。
  • 利用するには、PCに何かソフトをインストールする必要があるのでしょうか?またそれに伴い、各スタッフにPCのアカウント管理者権限が必要になりますでしょうか?

    モニタリング対象PCにセンサー(クライアントソフト)をインストールしていただく必要がございます。センサーのインストールには管理者、もしくはそれに準ずる権限が必要になります。
    各スタッフに権限が無い場合は、管理者のPCからクライアントランチャーを実行し、LAN経由でリモートインストールすることでの対応となります。
    ただし、ネットワーク環境、及びWindowsの権限によりインストールできない場合がありますので、事前にシステム管理者の方にご確認をお願いします。
  • PCログは常時取得しているのでしょうか?何か制限はありますでしょうか?

    ログ取得に関しては、アプリケーション上の制限なく、常に取得しているという仕様になっています。
  • 「キーストローク(キータイプ記録機能)」は、どのような目的で利用されることが多いのでしょうか?

    どの業務に対してショートカットキー(コピペ等)を利用しているのか、画面遷移の頻度と、画面収録動画からRPA設計書などを作成する元データに利用されています。
    また、部門、チーム間の作業比較をすることにより、作業効率性を図る指標などにも利用されています。
  • 「スナップショット」を撮られていることは、モニター対象者自身は認識しますか?

    撮られているかどうかはモニター対象者にはわからないようになっています。
  • 業務毎に一日の作業の導線が分かるフローチャートのようなものも分析結果として出すことはできますか?

    業務毎に作業の導線をフローチャート化する場合、弊社ではオプション機能(ControlioRobo)をご提案しております。その他様々な分析結果を表示することもできますので、別途お問い合わせ下さい。
  • 「スナップショット」は取得する容量の上限や保存期限はありますか?

    SaaS版の場合、現在取得する容量の上限は設けておりません。保存期限は6ヶ月です。
  • マネジメント権限を持った人を対象に、配下の業務状況に特化したレポートを見ることができますか?

    管理者など一定の権限を持った方は、管理する対象メンバー全員の情報を1画面に集約表示し、確認することが可能です。
  • このツールを入れることによりPCの動作が重くなるようなことはありませんか?また、必要な機能だけ稼動させるようなことは可能でしょうか?

    取得する情報が多ければ、PC動作に影響を与えてしまう可能性もあります。 CONTROLIOでは、画面録画、スナップショット、キーストロークなど、取得する情報を取捨選択することができますので、稼働範囲を調整することができます。
  • センサー(クライアントソフト)で収集する情報の設定は、導入後に変更することも可能でしょうか?また、その設定する権限は追加や削除が可能でしょうか?

    可能です。導入後にお客様側にて、センサーで収集する情報を変更することができます。その権限設定もお客様側にて可能になっています。
  • センサー(クライアントソフト)は、どのようにアンインストールするのでしょうか?

    アンインストールのボタンを押すだけで実行できます。
  • 生産性を測るのには、どういった機能があるのでしょうか?

    「生産性スコア」という指標を持っています。作業したアプリケーションとウェブサイト毎に、生産性が高いか低いかを独自に定義設定することができ、割合を可視化した機能がございます。
  • 「スナップショット」は、どのくらいの間隔で取得されますか? 取得タイミングを自由に設定することは可能ですか?

    「スナップショット」はユーザがアクティブな間5分毎に取得されます。
    また、画面収録動画(Mps4)としてのデータ取得も可能です。
  • アプリケーションやWebの操作を内容に応じて分類して分析することができますか?

    可能です。アプリケーションやWeb操作自体だけでなく、どのような業務としてそのオペレーションをしたのか、定義づけることができます。
  • 従業員の勤怠に関して管理できる機能はありますか?

    「勤務状況」という機能がございます。従業員の1日の業務内容を確認し、業務時間内の生産性を測定することができるレポート機能です。稼働日と集計期間の長さは任意に変更が可能です。
  • 可視化する対象には制限がありますか?

    モニタリングの対象は、任意に設定可能です。特定部署単独での可視化や複数の部署をまたいだ可視化などにも対応します。
  • ユーザ側で自由に閲覧可能なレポート範囲を設定することができますか?

    可能です。設定画面にて、自メンバーのみ閲覧可とする、または特定部署や特定ユーザのみ閲覧可とするといったような設定ができます。

目次に戻る

ページのトップへ戻る