For Optimal Customer Experiences, HeartCore CMS / CXM

イベント・セミナー

2020年3月10日(火)
CMS セミナー 終了
ISID x ハートコア

【Webinar】サイバーセキュリティセミナー

サイバー攻撃のリスクを可視化し、セキュリティを強化!
〜サイバー攻撃の対象になりやすいWebサイトの脆弱性への対応とは?〜

2018年に観測されたサイバー攻撃関連通信は約2000億パケットに上るといわれています。特に企業の顔であるWebサイトは、攻撃対象として特定されやすく、不正アクセスによるWebサイト改ざんや情報漏えいが多数発生しています。
サイバー攻撃による情報漏えいで、サービス停止や損害賠償といった事業に直接的な影響が生じる場合もあるため、企業はサイバー攻撃の脅威を認識し、対応する必要があります。

本セミナーではサイバー攻撃のリスクを可視化する「SecurityScorecard」をご紹介するとともに、自社のセキュリティを強化し、Webサイト改ざんのリスクを軽減する方法についてお伝えします。
ぜひご参加ください。

日時:
2020年3月10日(火)15:30~17:00
※新型コロナウィルスの感染状況を鑑み、オンライン(Webinar)で開催いたします(2020.02.26)
共催:
株式会社電通国際情報サービス、ハートコア株式会社
参加:
無料(要お申し込み)

セミナースケジュール

時間 内容
15:30〜15:35

開催の挨拶

15:35〜16:15

Webサイトも含めたサプライチェーンのセキュリティリスク見える化を実現するには?
今注目のスコアリングサービスご紹介

自社は勿論、相手のセキュリティリスクを点数化することによりセキュリティリスクを管理するスコアリングサービスが今、注目されております。先日ガートナーが発表した「今後取り組むべきセキュリティプロジェクトのトップ10」にも選出されたことから、一層、注目度を集めています。
本セミナーでは、スコアリングサービスとは、どのようなものなのか、また米国で多くの実績を持つ「SecurityScorecard」 のご紹介を致します。

株式会社電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部 営業企画部 赤澤 卓真 氏

16:15〜16:55

Webサイトは83億回攻撃されている?!
オープンソースCMSのセキュリティ上のリスクと脆弱性に強いHeartCore CMS

近年、Webサイトの脆弱性に対する攻撃により、情報漏えいやWebページ改ざんなどの被害が多数発生しています。企業の顔であるWebサイトを安全に運用管理するためにもCMS(Content Management System)の選定には、セキュリティ面を考慮した慎重な検討が必要になります。セキュリティ面から見たCMS選定基準のヒントをお伝えいたします。

ハートコア株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 神野 純孝

お申し込み方法

下記お申込みフォームより、必要事項をご記入の上お申込みください。尚、セミナー当日はお名刺をお持ちください。

受付を終了いたしました。

※ お申込み定員になり次第締め切らせていただきます。ご了承ください。

お問合せ先

ハートコア株式会社 セミナー事務局

電話 : 03-6409-6966
E-Mail : mktg@heartcore.co.jp
  • ※ 同業の方の受講をご遠慮いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※ 今回ご提供いただく個人情報は、ハートコア株式会社と本セミナーの共催企業様(株式会社電通国際情報サービス)が共同利用いたします。その際、個人情報は各社のプライバシーポリシーに従い、管理されます。
  • ※ ハートコアの「個人情報保護基本方針」および「個人情報の保護に関する法律」に関する公表事項はこちらをご覧ください。
  • ※ 本セミナーにてお預かりするお客様の氏名・住所等の個人に関する情報は、商品またはサービスのご案内と当社が主催・共催・協賛、もしくは出展するセミナーや展示会等のイベントのご案内のため、当社の商品情報やキャンペーン情報などの宣伝物のご提供のためなど、当社からの情報提供を行うために利用します。また、本セミナー開催会場の入館管理のために必要な情報を利用するなど、セミナー開催に関する範囲内で情報を利用します。その他、ほかの目的に利用したり、ほかに提供・開示することは一切ありません。

日本語

Page navigation

03-6409-6966