株式会社ジゾンはハートコア株式会社へ社名変更しました

イベント・セミナー

2018.06.14(木)
セミナー 終了

変化するB2Bマーケティングと求められるWebサイト構築とは
~顧客視点のニーズに応えるWebテクノロジーと実践事例~

近年急激な進化と変化を遂げるB2Bのマーケティング市場。あふれる情報と業務のはざまで、自社の課題と解決への取り組みの実践方法が整理できていない方が多いのが現状です。本セミナーでは、B2B企業が実践すべきデジタルマーケティングの中でも、特に情報発信、データ収集の中心となるWebの最新の取り組みと実践方法をご紹介します。

市場が取り巻くB2Bマーケティングの状況の概観から、顧客に求められるWebで提供すべき情報、それを実現するAIを搭載したCMS基盤など、最新のテクノロジーをご紹介するとともに、実際のB2B企業のサイト構築事例をもとに、課題の整理とその解決方法、企業が準備・検討しなくてはならない問題点など、Web構築、リニューアル成功に欠かせないポイントをご紹介します。
また、Webだけでなく、カタログなどの紙媒体やSNS、ECサイト、CM動画といったマーケティング活動に関連するファイルをブラウザを介して一元管理するデジタルアセットマネジメントについてもご紹介します。

日時:
2018年6月14日(木)15:00~17:00(受付開始時間:14:45~)
場所:
NTTコム オンライン セミナールーム
共催:
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社、ハートコア株式会社
参加:
無料、定員20名(定員になり次第締め切りとさせていただきます)

<備考>
*主催社の同業企業の方のご登録はご遠慮ください。
*1社から複数の方のお申込があった場合は、2名様までの参加とさせていただく場合がございます。

セミナースケジュール

概要

B2B企業のマーケティング市場の変化と、Webサイトに求められるもの
B2B企業のサイト構築事例と、企業の課題

近年急激な進化と変化を遂げるB2Bマーケティング市場。今、企業のWeb担当者へ求められる取り組みとは何か。B2B企業のマーケティング市場における最新ニーズと、Webサイトへの期待、そして具体的な対応策と、それを実践するためのNTTコムオンラインの取り組みをご紹介します。
また、当社のB2Bサイト構築事例をもとに、導入までの課題とその解決方法、また導入企業様が準備・検討しなくてはならない内容など、実際の導入事例をもとに解決策をご紹介します。

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ソリューション部 Webソリューション
担当部長
齊藤 資晃 氏

シェアNo.1CMS HeartCore
〜AI搭載の最先端デジタルマーケティング基盤〜

日本国内のB2B企業において、デジタルマーケティングのニーズが非常に高まっている中、実践できている企業はまだ多くありません。
最大の障壁は、運用体制にあります。本セッションでは、AIを活用したCMS基盤によって運用するデジタルマーケティングの最先端テクノロジーをご紹介します。


ハートコア株式会社
代表取締役社長
神野 純孝

オムニチャネル時代の「素材管理」出来ていますか?
~HeartCoreでできるデジタルアセット管理~

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ソリューション部
セールス・マネージャー
葦澤 慧 氏

会場のご案内

会場 NTTコム オンライン セミナールーム
https://www.nttcoms.com/about/map/
所在地 〒141-0032
東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル4F
交通 JR「大崎駅」東口から徒歩5分

お申し込み方法

下記、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション様のお申込みフォームより、必要事項をご記入の上お申込みください。尚、セミナー当日はお名刺をお持ちください。

受付は終了しました

お問合せ先

ハートコア株式会社 セミナー事務局

電話 : 03-6409-6966
E-Mail : mktg@heartcore.co.jp
  • ※ 本セミナーにてお預かりするお客様の氏名・住所等の個人に関する情報は、共催企業に提供します。本セミナーでご紹介する商品またはサービスのご案内と当社および共催企業が主催・共催・協賛、もしくは出展するセミナーや展示会等のイベントのご案内のため、当社の商品情報やキャンペーン情報などの宣伝物のご提供のためなど、当社および共催企業からの情報提供を行うために利用します。また、本セミナー開催会場の入館管理のために必要な情報を利用するなど、セミナー開催に関する範囲内で情報を利用します。その他、ほかの目的に利用したり、ほかに提供・開示することは一切ありません。

ENGLISH

コンテンツメニュー

03-6409-6966